生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】

Menu

布

いつの時代も変わらぬ定番

幅の太さを変えたり、色の組み合わせを変えるだけで、ストライプはその表情を大きく変えます。リーズナブルなものが多く、ファッションアイテムの主役としても使えますし、ワンポイントのアクセントなどにも役立つ為、多くの人に愛される定番生地です。

色見本

男性のファッション

ストライプ生地のパンツを持っていると、どんな服にも合わせやすく便利です。初心者でも手持ちの服と合わせやすいので、おすすめです。初めて買うなら、ストライプが目立たないタイプがいいです。目立つタイプの物は個性的で、おしゃれに見えます。パンツの裾をまくったり、靴の色をアクセントにするなどしてみましょう。

裁縫道具

種類が豊富な柄

ストライプは縦じまのことで、種類が様々です。一見似ているボーダーは横じまのことを言います。ストライプは様々な生地の洋服に用いられ、ビジネスシーンにも使われます。スーツやシャツに持ってくると、おしゃれな雰囲気になります。オフィスカジュアルが許されている女性なら、男性より様々な着こなしができるでしょう。

裁縫道具

縞模様で物作り

ストライプの生地は先染めと後染めがあり、それぞれ特性が違います。またこの生地を使って小物や服を作る際は、裁断や縫製の仕方に気を付けるようにしましょう。初心者が扱うにはちょっと難しい生地ですが、慣れれば綺麗に作ることができるようになります。

生地

線の間隔に違いがあります

ストライプの生地は線の間隔の狭さや、艶の出方など様々な種類があります。そして、大切なことはストライプは数多くあるスーツの1つの種類であるということです、仕立てによって艶の出方や線の鮮やかさが変化しますので知っておくと良いでしょう。

デザインや種類による違い

裁縫道具

キュートにもモダンにも

ストライプの生地は縦じまや横じまなど複数の色を組み合わせたり、違う色を組み合わせて織った生地で、様々なデザインのものがあります。ストライプの太さや幅、方向や色が変わることで見た目の印象も変わり、生地の素材によっても多彩な用途に使って楽しめます。一般的に縦じまはスタイリッシュで小物にあしらうとお洒落な印象になり、洋服生地として使えば体型をスマートに見せてくれる効果が期待できます。一方で横じまは洋服生地に使うと通常より体格がよく見えることもありますが、お子さまのTシャツやブラウス、ワンピースなどに使えば可愛らしく見え、大人の場合はカジュアルなファッションとして楽しむことができます。バッグなどのファッション小物の生地としても横じまは人気で、使いまわしのいいお洒落なアイテムに仕上がります。テーブルクロスやナプキンなどのテーブル雑貨や、クッションなどのインテリア雑貨に使うのもおすすめです。縦じまのストライプはお洒落な印象を与え、キッチンや食卓をスッキリとさせてくれたり、リビングをクールでモダンな印象にしてくれます。一方で横じまのストライプはカジュアルさやキュートな印象を与え、キッチンを温かい雰囲気にしてくれたり、リビングを癒しの空間にしてくれます。生地の素材としてコットンのストライプはやや模様が出にくいケースやぼやけるケースもありますが、リネンやナイロン、ポリエステルははっきりとしたデザインになり、キレイなデザインを楽しめます。

Copyright© 2018 生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】 All Rights Reserved.