生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】

Menu

種類が豊富な柄

裁縫道具

ビジネスに向いている

ストライプは縦じまのことで、洋服では様々な生地で用いられており、種類もとても豊富です。よく似た柄にはボーダーがありますが、ボーダーの場合は横じまのことを言うのです。ボーダーストライプという言い方をすることもあります。細くて一本一本の感覚が狭くなっているストライプは、ペンシルストライプと言います。鉛筆になぞらえてこの名前が付いているのです。ネイビーやグレーのような濃い目の色に、ぼんやりした白い縦線が入っているのは、チョークストライプと言います。ネクタイによく用いられる、斜めになっている線のものはレジメンタルストライプと言います。異なる色と幅がそれぞれ連続しているのは、オルタネイトストライプと言います。この他にもこの柄には多くの種類がありますが、様々な生地に使われ、カジュアルな服はもちろんのこと、スーツのようにビジネスシーンに使われることもあるのです。スーツは無地の物が無難ではありますが、おしゃれな雰囲気を出すなら、ストライプがおすすめです。無地のスーツに、この柄のシャツを合わせるというのもいいでしょう。シャツの場合は様々な生地やストライプの種類があるので、きちんとビジネスに合った物を選ぶようにしてください。オフィスカジュアルが許されている女性の場合は、男性よりも豊富な生地の中からシャツを選ぶことができるでしょう。シャツに限らず、スカートにストライプ柄を持ってくるということもできます。

Copyright© 2018 生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】 All Rights Reserved.