生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】

Menu

いつの時代も変わらぬ定番

布

定番こそ強し

ファッションや食事、スポーツなどにおいても定番のアイテムやテクニックは常に重宝されています。定番ということはそれだけ多くの人に愛されてきた歴史があり、それだけの理由があるとも言い換えられるでしょう。生地の定番といえばやはりストライプが挙げられます。西洋ではもちろん、日本でも鯨幕や定式幕、紅白幕などに見られるように伝統的、文化的なものにも使用されるほどです。なぜストライプ生地が人気かといえば、定番というのはもちろんのこと、フォーマルさとカジュアルさを両方兼ね備えているというのも支持される理由でしょう。さらに、ストライプ生地というのは色の組み合わせによって印象を大きく変えられるという強みがあります。ドットやペイズリーなどもこれに当てはまりますが、シンプルなデザインだからこそ、生地の染めや印刷が易い分、抜きん出てるといえるかもしれません。付け加えていうならば、ストライプは幅の太さを変えるだけで印象に大きく変化をつけられるというのもストライプならではです。幅が太ければポップな印象に、幅が細ければ洗練された印象になるため、ワイシャツからTシャツまで多種多様なファッションアイテムに活用できます。色や幅を変えれば、あらゆるファッションアイテムに展開できますし、アクセントとして取り入れるのはもちろん主役にもなれるという魅力もあるのです。手軽に使えるのに、多様なアイテムに使えて、さらに値段もリーズナブルという、手芸や服飾には心強い相棒といえるのかもしれません。

Copyright© 2018 生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】 All Rights Reserved.