生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】

Menu

線の間隔に違いがあります

生地

多くある種類の1つです

ストライプとは一般的に縞模様の衣服類のことを指し、スーツやドレスなど幅広い衣服に使用されているものです。現在ではストライプ柄のスーツを選ぶ人たちも増えており、徐々に人気となっているものです。そんなストライプ柄の生地ですが選ぶ際にどの生地を選べば良いのかわからないという方も多いです。そこで今回はストライプの生地について基礎知識をご紹介します。ストライプは感覚が細いほどエレガントに、広いほどパワフルな印象を与えるものです。職場やパーティ会場など様々なシチュエーションに合わせて雰囲気にあったスーツを選ぶことが基本です。また、線にも違いがあり明るい色でわかりやすくになっている生地をピンストライプ、チョークのような線をしているものをチョークストライプと呼びます。自分の好みに合わせて好きなものを選ぶと良いでしょう。スーツと一口にいっても艶の鮮やかさや糸の縫い方によって様々な種類のものがあります。ストライプは多くの種類がある中の1つであるということです。またスーツは仕立てを行うことによって違う特色の色やツヤを出すことも可能です。ストライプも仕立てを行う際に線を薄くしたり目立たせないようにするなど加工されたものもありますので知っておくと良いでしょう。新入社員として新しくスーツを仕立てる場合、ストライプは目立つ格好になるため避けたほうが良いでしょう。明るい雰囲気の職場では歓迎されることもありますので、先輩に聞いてみることも大切です。

Copyright© 2018 生地によって雰囲気が変わる柄【ストライプの特徴を紹介】 All Rights Reserved.